在庫の整理には貸し倉庫を利用しよう|物件探しのコツとは

ニュース一覧

同じサービスも違いがある

作業員

運営の主体を確認しよう

会社の備品や商品など保管する場所に困ったこと時にはトランクルームの利用を検討すべきです。但し、保管庫としてトランクルームの利用を検討する時は注意点があります。物を保管するサービスにはトランクルームとレンタル収納スぺースが存在します。どちらもサービスの目的は同じです。しかし、サービスを運営している主体に違いがあります。倉庫業者が運営しているサービスがトランクルーム。国土交通大臣の登録を受けた倉庫業者は倉庫業法に基づきサービスを運営しています。物の保管の寄託を受け物品を保管しています。なお、荷物の出し入れや点検は倉庫業者が行います。また、利用者が物を出し入れする場合一定の手続きを倉庫業者に対して行い、出し入れも業者の立ち合いでないと実行できません。それらの行為は営業時間内でしかできなくなっています。そして、保管される物には事故があった場合、保障することが義務付けられています。対して不動産業者が運営しているサービスがレンタル収納スぺースになります。不動産賃貸契約に基づき運用されています。倉庫業法と違い、保管している物品に対して事故が起きた時の保障の義務はありません。また、荷物の出し入れなどもセルフサービスで希望した時間で実行できます。ただし、マンションの空室などを利用していることもあるので温度管理の必要な物を保管する場合はトランクルームを利用すべきです。また.頻繁に出し入れする物で温度管理や空調などの必要がない物の保管はレンタル収納スぺースを利用を選びます。保管をする物と使用頻度に合わせてサービスを選択しましょう。

Copyright© 2018 在庫の整理には貸し倉庫を利用しよう|物件探しのコツとは All Rights Reserved.